(株)JAエネルギー兵庫|クミアイプロパン(LPガス)でくらしに最高の安心と満足を

JAエネルギー兵庫について

サイトポリシー

サイトマップ

JAエネルギー兵庫

LPガスは、災害に強いエネルギー

「地震列島」と呼ばれる日本では、災害発生時においても安定して使用可能なエネルギーを確保することが重要な課題となっています。

LPガスと都市ガスの違いは供給形態にあります。

都市ガスは、配管による集団供給ですが、LPガスは、各戸ごとの個別供給が可能な「分散型エネルギー」なので、災害発生時にガスの供給が止まっても、個別に調査・点検を行うことで都市ガスや系統電力に比べて相対的に早く復旧させることができます。

事実、東日本大震災の際、ライフラインが寸断される中、LPガスは実質40日間と言う短期間での復旧を実現しました。

通常の場合、家屋の横にLPガス容器が2本設置されており、言わば軒下に在庫がある状態となっているので、1本目が切れても、2本目で1か月以上ガスを使い続けることができます(50kg容器×2本の場合)。ですので、緊急時のエネルギー源として、避難所や仮設住宅等にも迅速に供給することができます。

lpガスと都市ガスの違い

LPガスは環境にやさしいクリーンエネルギー

LPガスは、環境性に優れています。あらゆる化石エネルギーの中でも、天然ガスとともに排ガスに含まれるCO2量がとっても少ないのです。

また、LPガスは不純物も非常に少なく、体に悪い硫黄分、窒素分、スス・灰分をほとんど出しません。加えてオゾン層破壊の心配もありません。

LPガスはクリーンエネルギーであるにも関わらず、天然ガスと比べてプロパンは2.5倍、ブタンは3.3倍ととってもハイパワーであることも重要なポイントです。

まさに環境にやさしく、かつハイパワーで高品質なガス体エネルギーです。

LPガスはクリーンエネルギー

LPガスは可搬性に富んだエネルギー

LPガスは、1/250に液化された状態で容器に入っているので、とっても運搬が簡単です。 だから、都市部や郊外だけでなく、離島や山間部等の地方における重要なエネルギー源として、全国津々浦々で幅広く利用されています。

LPガスそのものは、無色無臭です。ガス漏れ時のために、においをつけています。

サービスのご案内 商品のご案内 LPガス JAエネルギー兵庫 LPガスと都市ガスの違い ニュース ツイッター

このページの上部へ

Copyright© 2014 JA EnergyHyogo All Rights Reserved